テーマ:杉戸・宮代の未来

まちづくり勉強会

これからの宮代町を支える「若い世代」の意見を まちづくりに生かしていきたいと思います。   「ふるさと宮代」 の好きな方   「まちづくりに取り組む」意欲のある方   「宮代町議会議員」に立候補を目指す方 まちづくり勉強会を開きます。 日時  2019年1月~2月の水曜日 15時~17時       (回数は…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

みんなの力で合併

5月25日(木)朝刊に、合併の行方シリーズを折り込みます。 ■合併の行方106    5/25(木)朝刊に折込    「みんなの力で合併を」 ■合併の行方107    6/22(木)朝刊に折込   「宮代町町長の意向は」 宮代町6月議会、金子正志の一般質問より ふれあいタウンに連載中。 毎月第4(木)の朝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信頼回復への道のり

財政の歯止めがなくなると、自治体は暴走する。 歳出は制約がなければどんどんと膨張する。 宮代町は昭和50年代から平成の初めまで、税収が増え続けた。 なぜか? 宮代台・姫宮北団地・南住宅・学園台・桃山台と、 昭和40年代後半から20年近く新住民が増え続けた。そのおかげである。 そのお金を当てにして箱物行政を展開した。議…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

遅すぎる(住民意識調査

「宮代町町長は、合併時期尚早と言うが、遅すぎる」 「調整区域に住宅を建てられるように変えるべき」 「若い世代は宮代町に来ない」 「宮代町を出たいという人が多い」 「張り合いのない町」 「白岡と合併したい。杉戸と合併したい」 「農のある町が駄目。流通団地を造るべき」 たくさんの声が届いています。随…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

議会が悪いと(住民意識調査

宮原氏を中心に、住民意識調査の戸別訪問をしています。住民からたくさんの声が届いています。 「9名の議員の反対理由が分からない。議会が悪いと町が発展しない」 「前回(平成16年)合併に反対した議員の責任を追及すべき」 「合併できなかったら宮代町はどうなるの?」 「町長の退職金は多すぎる」 「道仏地区の開発は失…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

古い体質を断ち切る

6月議会に請願された【住民意識調査】を、宮代町議会は反対しました。 住民意識調査の結果を恐れているのでしょうか。 「当面は単独で…」。 あまりもたついていると、財政破綻しかねません。 「執行部に黙って賛成する議員が、いい議員だ。金子は議会で発言が多いからだめだ」。 本年2月の議会議員選挙で、言われました。 28年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『合併の協力をお願いします』

下記スケジュールで活動しています。応援、協力をお願いします。 ふるさとのまちづくり…力を合わせましょう。 ――  【 杉戸・宮代 対等合併への道 】 1981年(昭和56年)~現在   杉戸・宮代周辺の生活情報の広報活動。 1984年(昭和59年)~8年間  宮代町議会にて合併の必要性を訴える。 2004年(平成1…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

悲しくて

宮代町は2005年から行政改革をはじめた。しかし、財政は厳しいまま。 身の丈行政をあきらめ、合併に舵をきった。 なぜか最近は、『当面は単独で』と、トーンダウン。 水道料金の値上げ、都市計画税の導入と、町民に負担を負わせた。 現時点では、景気回復の妨げとなり得る「厳しい町民負担」は 実施すべきではなかった。今からでも、廃止す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悲しみを断ち切ろう

宮代町は平成22年に水道料金の値上げ、平成23年に都市計画税の導入と、 町民に負担を負わせた。にもかかわらず、財政は厳しいまま。 『合併は究極のリストラ』といいながら、合併の機運を盛り上げない。 10年以上、赤字財政を続けながら、ボーナスをもらい続ける。 リストラは実行しない。宮代町は、行政改革の先頭に立とうともしない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本気で将来を考えて

『議員には本気で将来の住民生活を考えて慎重に行動して欲しいものですが?』 議員には多くの支持者がいます。 経験から、支持者の意見に耳を傾ければ傾けるほど、自分の主張をしにくくなります。 それは、弱いからでしょうか? それは、やさしいからでしょうか? 議員も人間です。自分の立場を考え慎重になることはあると思います。 それが行…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

危機を乗り切る

ニュースによると、日本を代表する電機メーカーが 2012年度中にも国内の本社部門約7000人を対象に人員を圧縮する。 これにより、本社人員は半数以下に減る見通し。 企業は、ボーナスカット、人員削減をして、危機を乗り切る。 存続を維持し、さらなる発展を目指す。 杉戸町・宮代町議会は、すでに議員数を30%削減した。 次は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【 杉戸・宮代合併への道 】

杉戸・宮代対等合併には、両議会にて可決する必要あります。 両町議員には2町合併に賛成してくれることを願います。 財政は年を追うごとに悪化しています。急ぐ必要があります。 隣り合った2町が合併して、ひとつの駅にひとつの役場。 それだけで、行政コストを約10億円カットして、 その10億円を住民サービスに充てることが可能です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ともに発展を

航空写真。(古利根川を中心に広がる2町の市街地) 東武動物公園駅は完成して30年。 それまでの杉戸駅は明治32年から補修、増築を重ね 70数年もの間、利用者に親しまれてきた。 杉戸の機関区は貨物の中継拠点であった。 石炭、セメント、じゃり、農産物から、春日部の桐たんす、キッコーマン醤油まで 貨物列車で運ばれた。 写…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来13.  『新議会で合併実現』

杉戸宮代は生活圏が一体です。ひとつのまちです。 合併して効率的に行政運営することが、地域の発展につながります。 今年(2011年)8月28日、杉戸町議会議員選挙 来年(2012年)2月、宮代町議会議員選挙 ◇平成16年の住民発議の合併では、 杉戸町議会では賛成多数、にもかかわらず宮代町議会では1票差で反対。 その…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

杉戸町・古谷松雄町長との懇談会

本日、『杉戸町・町長との懇談会』が生涯学習センターで開かれた。 主催は、杉戸町のまちづくりを考える会(代表 木村芳裕)。 懇談会の参加者から拍手で迎えられ、古谷松雄町長は笑顔で着席。 古谷松雄町長は始めのあいさつで、まちづくりの思いを語った。 「町長に就任して4ヶ月。町民の皆様の生の声を聞いて杉戸のまちづくりを すすめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来11.  『杉戸・宮代 合併への道』 

このブロブを始めたのは、杉戸・宮代の合併を目指してです。 6ヶ月で、「1万2644」もカウントが進みました。 ご意見は延べ146人の方からいただきました。 合併に対しての関心の高さを感じます。 杉戸・宮代の合併を目標に、28年間、活動をつづけてきました。 着実に進んでいます。みなさんの力でゴールへ! 進みませんか ―― …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来11.  『杉戸・宮代 合併への道』 

このブロブを始めたのは、杉戸・宮代の合併を目指してです。 昨夜12時ごろから、全部を読み直したら朝になってしまいました。 古利根川沿いを散歩しながら、杉戸・宮代はひとつの町と強く思います。 おはようございます。みなさまにお願いです。いっしょに前に進みませんか。 http://sugimiya.at.webry.info/…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

未来10.  東武動物公園駅・東口通り線は重要な道

平成20年8月10日の夜 杉戸町中央公民館で、駅前道路拡幅の説明会に出席しました。 杉戸県土整備事務所から、次のようなあいさつがありました。 「杉戸宮代は人口を合わせると8万を超え、全国的にみても大きな町。 駅通り線は重要な道。メインストリートをしっかり作りあげたい。 県も、この事業を注目している。」 杉戸宮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来9)  宮代町の人口計画

初めての当選は25年前、30歳。その2ケ月後に結婚しました。 「このままでは、高齢化してしまう宮代町の将来を憂い、 計画的な住宅政策と、合併の必要性を訴えつづけました。 宮代町の人口計画を振り返ってみます。 歴代町長 斎藤 甲馬氏 :1955(昭和30年)年9月3日 ~ 1982年(昭和57年)2月27日 日下部義…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来8)  宮代町の初代町長(故・斉藤甲馬氏)の意思

平成16年7月の住民投票の結果、 合併反対つまり《今のままの宮代町がいい》と答える町民が多かった。 それは 宮代町の初代町長(昭和30年9月3日~57年2月27日)・ 故・斉藤甲馬氏の精神的影響が深いのではないかと私は思います。 『人口が増えるのが悪いとはいわない。 しかし、生活環境が整わないのに急激に宅地化して…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

未来7)  ふるさとの将来を

 平成16年、7月11日。 住民投票の結果が反対となり、私は宮代町と春日部市にメールを送りました。 宮代町へ (平成16年7月14日)  私は大学時代から、宮代町と杉戸町の合併が、 ふるさとのためだと信じていました。 50歳になった今でも同じ気持ちです。  学生時代に東京都の教員採用試験に受かりましたが、 教…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来6) 宮代町議会の反対で失ったものはあまりに大きい

 2004年(平成16年)7月11日、 春日部、庄和、杉戸、宮代の、1市3町の合併の是非を問う 『合併住民投票』が行われた。宮代町では反対が多く、 1市3町合併協議会は解散となった。  1市3町合併協解散の結果を受け、宮代町民は、 杉戸町宮代町の合併協議会設置を求め、8月3日から署名活動を開始した。 署名数は目標に達し、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来5) 固定費を節約して13億円

杉戸・宮代合併の場合でいえば、庁舎をひとつにし 庁舎経費と職員人件費の固定費を30%節約して13億円。 杉戸町は深輪産業団地・本郷工業団地の開発が終わり、 毎年4億5千万円の税収入が見込まれるようになります。 宮代町は道仏地区の住宅開発が期待されます。 自分たちの住んでいる町をあきらめることなく 進みたいと、いつも思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来4) 現実的な第一歩として、杉戸町との対等合併を

 ●では、宮代町の合併は――  大きな市と小さな町では物理的にも、感情的にも、意識面でも、何事にも 大きな格差がある。  そこで、議員報酬や農業委員報酬等各種報酬や住民サービス・財政状況・ 住民感情・職員感情等で、格差のあまり見られない町同士・似たもの同士が 合併して、他市にうらやましがられるようなコンパクトで充実したまちづく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来3) 春日部市との合併は春日部市の財政が健全になるまで待つ

春日部との『中核都市』で、「町民の暮らし」はよくなるであろうか?  中核市となれば業務量が増え職員増につながり、 委任された事務費等の経費負担もあり、財政再建が遠のくのである。 合併特例債という特典がない今、なぜ吸収合併に似たような 春日部市にこだわるのか、分からない。 春日部市との合併は宮代町民とって、本当にメリットがあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来2) 答申「地域の自主性を大切に」。

「市町村合併構想」答申  平成18年3月29日に、第6回市町村合併推進審議会が開かれ、 合併構想を上田県知事に答申した。(取材/金子正志。平成18年3月29日)     合併推進審議会が開かれた県知事公舎(写真・金子正志)       平成17年10月に庄和町と合併した春日部市は、さらなる合併案として 6市1町の枠組み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来1) 杉戸町・宮代町の未来を

杉戸町・宮代町の未来を 一緒に考えてみませんか  平成19年8月26日、杉戸町において『春日部市と合併することについて 町民の意思を問う住民投票』が執行されました。その結果   春日部市との合併に 賛成……10,555票   春日部市との合併に 反対……12,959票  平成16年7月11日『春日部、庄和、杉戸、宮代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more