テーマ:28年間の合併物語

合併活動、頑張ります

「杉戸・宮代合併」の活動をはじめ32年になります。 スタートは、昭和56年に個人で行った〝住民意識調査〟 当時の新聞記事を探して、見つかったら掲載します。 「杉戸・宮代合併」して、この地域が発展し、みんなが笑顔でいることが願い。    合併するまで頑張ります。    2012.6.18      杉戸町・宮代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

杉戸・宮代の合併への道 (5)

平成16年8月16(月) 10:00 宮代町推進室、委任届けの用紙確認。      Y氏、「ギリギリ間に合う、10月協議会、11月~12月審議、3月議決」。 12:20~13:00 役場内配布。 13:00 Tさん。 13:05 Mさん。「1市3町は、一旦ストップ」と約束してくれる。 16:00~17:30 西原地区にて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

物語. 9  捨てた。そして前へ

平成4年2月、落選のとき、38才。 子どもたちは、1才、3才、5才、7才。家族のために仕事に集中した。 気持ちを切り替えた。 議会の資料などは、全て処分。 ダンボール箱に資料を詰めて、軽ワゴン車に積み込んで 自宅と久喜宮代衛生組合を、何度も往復し、捨てた。7往復。 長年かかって勉強した資料を、自分の手で捨てるのは 悲し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

物語. 8 『七難八苦を与えよ』

昭和56年から発行をつづけた生活情報紙を、 平成2年に、地域をふたつに分けた。 国道16号線の内側と外側では、生活圏が異なると感じたから。 【春日部・庄和版】と、 【宮代・杉戸版】。  (平成2年7月・創刊し、エリアを久喜・幸手まで拡げた)。 そして、議員活動の中心を、『宮代・杉戸の合併』にした。 合併活動は長期戦。覚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

物語.7   『聞いてもらえる素地を作りなさい』。

サラリーマン当時、地元の大先輩にアドバイスをいただいた。 『自分の意見を聞いてもらえる素地を作りなさい』。 『杉戸・宮代合併がなぜ必要なのか』。 『新市ができたらどうなるのか』。 『それを多くの人々に理解していただくこと』。 『その上で意見を述べなさい』。 具体的に、どうしなさい、とは言われなかった。 もっと、自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

物語. 6 『久喜商圏は、春日部商圏を追い越す』

宮代・杉戸・春日部・庄和が生活圏。 昭和56年から発行をつづけた生活情報紙を、 平成2年に地域をふたつに分けた。 昭和56年から平成2年にかけて、毎日のようによく歩いた。 せんげん台・武里・一ノ割・春日部・八木崎・豊春・牛島 ・姫宮・東武動物公園・和戸。 その結果、国道16号線の内側と外側では、生活圏が異なると感じた。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

物語. 5 『活動したら、報告しなさい。それには自分の媒体をもちなさい』

三つ目のアドバイスは、浦和で、新聞社の方。 『活動したら、報告しなさい。それには自分の媒体をもちなさい』  ⇒これは、難しい課題。費用がかかる。   この一言を実践しようと、それからはきつかった。   【ふれあいたうん宮代】   (昭和56年~平成1年)   14回不定期発行して、   資金がいきづまり休刊。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

物語. 4 『思いを実現させたいなら、与党で』

仕事上で知り合った方には、3人の方に相談した。(昭和53年~56年) 新聞広告営業マンの若造の私に、 親切に、丁寧に、真剣に、答えていただいた。 今、こうしてキィボードを打ちながら思いだす。 本当にありがとうございました。 銀座で、広告代理店の方。 『何をすべきかを考える前に、何が求められているかを調査を』  ⇒中野…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

物語.3 『何が求められているか』を調査する

 約30年前、私も都内に勤めるサラリーマンでした。 そのころ感じてました。 『都内や別の地域で働いている人の税収(住民税)の使い方を、 地元の人たちが中心になって決めているんだな』と。  地域に必要なのは「地元の若手と新住民の交流」と感じ行動に移しました。 で、当時、仕事上で知り合った、電通の方に相談してみました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

物語.2 『宮代・杉戸・春日部・庄和』 から、『宮代・杉戸』へ

 この地域の広域行政を考えたとき、宮代・杉戸・春日部・庄和が 生活圏。そう感じ、昭和57年に、この1市3町で生活情報紙を発行。 ショッピング、コンサート、サークル、イベント、お教室など 日常生活の行き来から、自然に合併の機運へとつながれば、 と願い、発行をつづけた。  約5000万枚の紙面を、みなさまのご家庭に配布した。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

物語.1 学生時代、広域行政の必要性を実感

 学生時代、千葉市内に暮らし、大きな市の行政サービスに触れ、 広域行政の必要性を実感した。(昭和48~53年)  卒業後、都内の広告代理店、教育関係の新聞社に3年間勤めた。 その後、幸手町立・八代小学校の6年生の担任をし、 児童の卒業といっしょに、私も教職から去った。(昭和56年3月) そのころ、私は自費で「住民主体の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more